E START

E START トップページ > マガジン  > 詰め替える?替えない?収納のプロ直伝「ラク家事のために詰め替えたほうがいい3つのモノ」

詰め替える?替えない?収納のプロ直伝「ラク家事のために詰め替えたほうがいい3つのモノ」

2022-01-23 11:00:00

1.袋ものは詰め替える

例えば片栗粉やお塩、砂糖など一般的に袋に入れられて販売されているもの。これは使うたびに袋を開けたり、使い終わったら輪ゴムで閉じるなど出し入れに手間がかかります。

そのうえ袋を開けたり閉じたりする際に中身がポロポロとこぼれ落ちることも。

こういった「袋もの」の商品は詰め替えたほうが使いやすくなるので詰め替えがおすすめです。

我が家ではお塩、砂糖、片栗粉やほんだしなどの調味料はニトリの保存容器に入れ替えて使っています。

この保存容器は湿気にくいので食品関係におすすめです。

他にも、鰹節や出汁用昆布、麦茶なども袋のままだと使いにくいもの。こちらはセリアの蓋が立つ保存容器に入れて収納しています。

朝食に欠かせないシリアルも袋から詰め替え。袋から詰め替えることで子供でもこぼすことなく扱いやすくなりました。

こちらは収納する棚のサイズに合わせて100円均一で容器を買ってきました。

食洗機用の粉洗剤や酸素系漂白剤、クエン酸などの粉物の洗剤も、詰め替えると手が汚れることなく使うことができます。

こちらはセリアのドレッシングボトルに詰め替えて使っています。使う時にはパッと蓋を開けて逆さにするだけなのでとても便利です。

2.嵩張るものは詰め替える

インスタントコーヒーや食品保存袋など、箱に入っていてもその中が空きスペースだらけ、というものもけっこうありますよね。

運搬時の保護のために大きめな箱に詰め込まれているのかもしれませんが家庭ではその空間は「デッドスペース」となります。

ですから我が家では、コーヒーはダイソーで購入したケースに詰め替え!

保存袋はニトリの収納バスケット(Nブランシリーズ)にギュッと詰めて収納しています。

また、インスタント味噌汁も袋のままだと嵩張るため、ダイソーで購入したケースに詰め替えています。

3.容器が使いにくいものは詰め替える

購入した時に専用の容器がついていてもちょっぴり使いにくい、そんな時もありますよね!

例えばお味噌が入っている容器。

蓋が柔らかくサッと閉められないので、我が家ではセリアの蓋が立つ容器に入れ替えて使っています。他にも食器用洗剤は濡れた手でいちいち触るのが嫌なので非接触のソープボトルに入れ替え。

こちらはシンプルヒューマンという会社の商品。

お値段はお高めですが、センサーの反応も良く丸ごと水洗い可能、見た目もシンプルなど使い勝手が良いので食器用洗剤はこちらに詰め替えて使っています。

また、マスクが入っている箱もサッと取り出すのには適さないのでダイソーのシンプルな容器に詰め替えて保管しています。

4.逆に詰め替えないもの

逆に、「詰め替えない」と決めているものもあります。

例えば液体の調味料関係。油や醤油、ドレッシングなど液体のものです。

こちらは詰め替える容器の衛生管理や使い勝手を考えると詰め替えしないほうが使い勝手が良いと判断しました。

その代わり、見える場所に置くのは避けて収納の中や冷蔵庫の中などパッと目に使いない場所に定位置を作るようにしています。

他にも細かいスパイスなどの容器も。

詰め替えによって、ずらっと同じ容器が並んでいるのはとてもおしゃれですが、中身によって出てくる穴の大きさが違っている専用容器の使い勝手はやはり捨て難いものです。

なかなか減らないスパイス類は賞味期限の記載もあるほうが安心なので、あえて詰め替えをせずにそのままの姿で引き出しの中に収納しています。

いかがでしたでしょうか?

一時期、生活感を隠すために色々なものを詰め替えて使う技が流行りましたが、不必要な詰め替えは家事の手間が増すだけで挫折してしまった、という方も多くいました。

「利便性を求めて詰め替えをする」のならば比較的続く方が多いようです。

見た目のためだけに詰め替えをするのならば「定位置が視界に入る場所のもの」に限定するなどにすると無理なく続けられますよ。

メリハリのある詰め替えで、ラクで美しいお家を手に入れましょう!

「#ラク家事」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■片付けのプロがやってる!「スッキリ片付いたキッチンをつくる5つのコツ」
■断捨離前に要チェック!整理収納アドバイザーも止める「捨てたら後悔するかもしれないモノ」5選
■時間と心に余裕ができる!整理収納アドバイザーが教える「シンプルに暮らすための4つのコツ」


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント